Hatena Blog Tags

サンディカリズム

(社会)
さんでぃかりずむ

syndicalisme
平等と公平を重視する労働組合至上主義とその思想。19世紀末から20世紀初頭のフランスやイタリアなどの労働運動などで支持を集め、その後、世界中にその思想が広がった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

第1回分。コロナ渦は世界各国のキャラクターと底流の社会的深層心理を白日の下に浮上させた(USAトランプ現象。日本欧州、中国)。腑に落ちる基本視座を提供する政治論文を連載。~歴史推移の底流にある精神構造が様々な時代の制度に現れる場合、その深層の精神構造と(起源を異にする)表層の制度が混合(新**)。民主制が広範に行きわたった時代の大転換期において、かつては君主制や寡頭制において現れていた現象が民主制において発現。

時間不足のため、とりあえず貼り付けておく。後、編集再考する。 今目の前で起こっていることに対して、歴史的な視座で認識するのは難しい作業である(小林秀雄)。 過去ー現在ー時間経過の将来=結果。今現在の事象を測る尺度や基本視座が必要。 日本の特殊現象に対して民主を主軸に置けば丸山真男の視点は欠かせない。 この文章も丸山の日本の底流の精神構造、浮上論を下敷きにしている。 コレなくして日本のコロナ対策や、連動する言説の摩訶不思議(Wの視点から見れば、ということだが)は腑に落ちない。 なおコーポラティズムに関心を持ったのは直近では、コロナ渦のスウェーデンと日本の表面上のコロナ対策の類似性に着目し(コーポ…