サン・ジェルマン条約

サン・ジェルマン条約

(社会)
さんじぇるまんじょうやく

(Treaty of Saint‐Germain)
第1次世界大戦後のオーストリアと連合国の間の講和条約。サン・ジェルマンは条約が調印された(1919年9月10日)パリ西郊の町サン・ジェルマン・アン・レーを指す。連合国は、かつてのオーストリア・ハンガリー帝国内の少数民族の独立に民族自決の原則を適用する一方、しばしば戦勝国、とくにフランスの戦略的利害を優先させるという矛盾した立場をとった。こうして新オーストリア共和国は旧帝国領のうち首都ウィーンと周辺の農村および山岳地帯に限定され(戦前の領土の1/4)、残りはチェコスロバキア、ユーゴスラビア、イタリア、ポーランド、ルーマニアに割譲された。