サーロインステーキ症候群

サーロインステーキ症候群

(一般)
さーろいんすてーきしょうこうぐん

歩行不足のために、足腰を支える大腿四頭筋や背筋の筋肉繊維の中に脂肪が入り込んで霜降り肉状になること。大腿四頭筋症候群。
牛舎にとじこめられて運動出来ずに霜降り牛となった牛の筋肉と同じ状態。

新着ブログ: サーロインステーキ症候群