ザロメ

(読書)
ざろめ

ザロメ Lou Andreas-Salome
(1861年〜1937年)
作家・女性解放運動家・精神分析家。
1861年、ロシアの貴族の娘としてペテルブルグに出生。
1880年、チューリッヒで神学・哲学を学ぶが、結核のため母とともにスイスの保養地を転々とする。
さらに、女性解放運動家・マイゼンブーグを頼ってローマに移住。
マイゼンブーグはワーグナーやニーチェの友人であり、ザロメは彼女を通して1882年ニーチェとパウル・レーに知り合う。
三人に奇妙な三角関係が生じるが、ザロメはやがてパウル・レーと同棲を始め、ニーチェの求愛を退ける。
ザロメはパウル・レーとベルリンで暮らすも、結局言語学者のフリードリッヒ・カール・アンドレアスと結婚する。
だが、この結婚は形式的なものであった。
ザロメは社会学者テンニースや詩人のリルケ、精神分析家のジーグムンド・フロイドなど、多くの思想家や文学者たちとの多彩な知的交流と恋愛関係があり、知識界に大きな影響を与えた。
自伝『生の回顧』、ニーチェ論、リルケ論は名高く、当時を知る一級の資料であると言われている。
(著作)
You Alone Are Real to Me: Remembering Rainer Maria Rilke (American Readers Series, 7)
Nietzsche
Looking Back: Memoirs
The Freud Journal
Amor / Jutta / Die Tarnkappe. Drei Dichtungen
Lebensrueckblick. Grundriss einiger Lebenserinnerungen
(関連書籍)
ルー・アンドレアス‐ザロメ―ニーチェ、リルケ、フロイトの道連れ
ニーチェ・レー・ルー―彼等の出会いのドキュメント
ブラザー・アニマル―フロイト、ザロメ、タウスクの世界 (誠信フロイト選書)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ