シェールガス

シェールガス

(サイエンス)
しぇーるがす

天然ガスの一種。泥土が堆積して固まった岩の層(頁岩層)に閉じ込められているガスである。
頁岩は浸透率が低いので、商用量のガスを生産するためには人工的にガス採取用のフラクチャーをつくる必要がある。従来、シェールガスは頁岩層に自然にできた割れ目から採取されていたが、2000年代に入ってから水圧破砕によって坑井に人工的に大きな割れ目をつくってガスを採取する技術が確立。更に頁岩層に接している坑井の表面積を最大にするために水平坑井掘削技術という技法で3000mもの長さの横穴を掘ることが可能となり、効率が向上している。これらの技術進歩の結果シェールガス生産量が飛躍的に増加、シェールガス革命などと呼ばれている。

シェールガス争奪戦―非在来型天然ガスがエネルギー市場を変える (B&Tブックス)

シェールガス争奪戦―非在来型天然ガスがエネルギー市場を変える (B&Tブックス)

シェールガス革命で世界は激変する

シェールガス革命で世界は激変する

ネットの話題: シェールガス

人気

新着

新着ブログ: シェールガス