シチダンカ

(動植物)
しちだんか

装飾花の萼片が重弁化したシチダンカ(七段花)は、
兵庫県の六甲山系に自生するヤマアジサイの一種。

シーボルトが発見してその名が知られるようになったが、
日本人では誰も見た者がおらず、幻のアジサイと言われていた。
西暦1959年に六甲山中で再発見されて以来、挿し木によって増殖。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ