シナン

(一般)
しなん

中世オスマン・トルコ帝国の建築家。1488(頃)-1588。
ミマール・コジャ・シナン(偉大なる建築家のシナン)、または、ミマール・シナンと呼ばれる。
長らくスレイマン大帝に宮廷建築家として仕え、寺院、水道橋、貯水池、浴場などを制作、その数は300を超えると言われる。
彼が携わった建築物としては、イスタンブールのスレイマニエ・ジャーミー、トプカプ宮殿の厨房、リュステム・パシャ・ジャーミー、エディルネのセリミエ・ジャーミーなどが有名である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ