シビリアンコントロール

シビリアンコントロール

(社会)
しびりあんこんとろーる

[civilian control] 「文民統制
政治が軍事をコントロールする制度。
軍事力の暴走を抑制するための制度の一つで、文民(国民)が、選挙で選ばれた国民の代表を通して、軍隊をコントロールするという意味。 民主主義国においては通例、必要不可欠とされる。シビリアンコマンドとよく混同されるが、本来全く違う概念である。 対義語は「統帥権の独立」といわれている。*1


冷戦後日本のシビリアン・コントロールの研究

冷戦後日本のシビリアン・コントロールの研究

防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)

防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)

*1:「政府の文民の指揮のもとに職業軍人である軍隊の最高指揮官が置かれなければならないという近代国家の原則」:三省堂提供「大辞林 第二版」より。

ネットの話題: シビリアンコントロール

人気

新着

新着ブログ: シビリアンコントロール