シャリアピンステーキ

()
しゃりあぴんすてーき

肉を薄くのばしてすり下ろしたタマネギにつけておき、それを焼いたステーキ。
1936年、帝国ホテルのシェフがロシアの声楽家シャリアピンから
『歯痛のため柔らかいステーキが食べたい』との希望を受け創作した料理。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ