シャルル・フーリエ

(読書)
しゃるるふーりえ

Francois Marie Charles Fourier
1772年4月7日〜1837年10月10日
フランスの社会思想家。代表的な著書に「四運動の理論」がある。産業主義の批判し、私有財産を共有して自給自足が可能な理想的協同体の提案を行った。

後にマルクスとエンゲルスは彼の思想を空想的社会主義であると命名して批判したが、マルクスとエンゲルスの思想に基づいて設立された体制―ソビエト連邦をはじめとする―のほとんどが転換を余儀なくせざるを得なかった以上、「マルクス、おまえもな!」ということになりはしないか。

今日的視点による新たな位置づけが求められるゆえんである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ