シュペルヴィエル

(読書)
しゅぺるびえる

ジュール・シュペルヴィエル[Jules Supervielle](1884-1960)
ウルグアイ、モンテヴィデオ出身のフランス人作家。詩人。
生後間もなく両親と死別し、その後は祖母と伯父夫婦に育てられ、パリに移り住んだ。
神話的・幻想的世界観を詩、小説、寓話で表現し、詩集「悲しきユーモア」発表以降注目される。
代表作に詩集「万有引力(重力)」「桟橋」、小説「沖の少女(海の上の少女/海に住む少女)」「ノアの箱舟」など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ