シュレーバー

(サイエンス)
しゅれーばー

シュレーバー症例」のモデルとなった、ドレスデン控訴院民事部部長のダニエル・パウル・シュレーバーのこと。

中年期以降、妄想・強迫観念・異常体験などを主訴とする精神疾患を患う。1903年、自らの精神疾患を詳細に記述した『シュレーバー回想録』(旧題『ある神経病者の回想録』)を著す。同書はフロイトやラカンに多くの影響を与えた。

ちなみに、現在日本で使われている「ラジオ体操」は、彼の父、モーリッツ・シュレーバーの発案によるものである。

シュレーバー回想録―ある神経病者の手記 (平凡社ライブラリー)

シュレーバー回想録―ある神経病者の手記 (平凡社ライブラリー)

  • 作者: ダーニエール・パウルシュレーバー,Daniel Paul Schreber,石澤誠一,尾川浩,金関猛
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2002/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 186回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る
シュレーバー症例論 (中公クラシックス)

シュレーバー症例論 (中公クラシックス)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ