シューベルト

(音楽)
しゅーべると

Franz Schubert (1797-1828)


オーストリアの作曲家フランツ・シューベルト。歌曲王。Franz Peter Schubert。

  • 1797年1月31日オーストリア、ヴィーン(ウィーン)に生まれる。
  • 6歳から音楽教育を受け才能を現す。1808年から帝室コンヴィクト寄宿生として学び、さらに音楽に開眼。
  • 1813年教職に就き、同時に本格的に作曲活動を開始。1815年までに「魔王」「野ばら」など有名作品を含む144曲の歌曲を作曲。
  • 1818年〜24年、エステルハージ家の非常勤音楽教師に就職。この間、1822年ベートーヴェンの知見を得、その才能を賞賛されたといわれる。
  • 1828年11月19日ヴィーンにて腸チフスにより31歳で急逝。

主な作品

  • 連作歌曲「冬の旅」(D.911)
  • 歌曲集「白鳥の歌」(D.957)
  • さすらい人幻想曲(D.760)
  • 八重奏曲(D.803)
  • 「未完成」交響曲(D.759)を含む8曲の交響曲
  • 連作歌曲「美しき水車小屋の娘」(D.795)
  • ピアノとアルペジョーネのためのソナタ(D.821)
  • その他「アヴェ・マリア」など歌曲多数を作曲し、「歌曲の王」と称される。総作曲数は700あまり。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ