シラノ・ド・ベルジュラック

シラノ・ド・ベルジュラック

(読書)
しらのどべるじゅらっく

■解説
舞台は17世紀。剣士にして詩人のシラノは、そのユーモア溢れる語り口や見事な剣さばきから、周りの人を魅了していた。しかし、彼には敵も多い。もちろん、大胆不敵な彼には怖いものなしだけれど。そんな彼の唯一にして最大のコンプレックスは大きな鼻。そのせいで長年愛してきたロクサーヌに愛を告げることができない。反対にロクサーヌからは、彼の部下になるクリスチャンが好きだと告白されて・・・大切な人を守るため、シラノは全ての言葉を、魂を、クリスチャンの代わりに彼女に捧げます。ラストの彼の言葉は、何よりも重く、力強く、そして美しい・・・

日本人にも親しみのある「シラノ・ド・ベルジュラック」は、フランスの実在の人物(当時の地位としては、自由思想家で、先駆的な哲学者であった)をモチーフにエドモン・ロスタンにより生み出された戯曲。今なお世界の人びとに愛される同戯曲は、究極とも言える純愛を貫き通している。

シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)

シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)

1950年には、アメリカで映画化され、その後1987年にまたしてもアメリカで、スティーブン・マーチンを迎え、現代版シラノ・ド・ベルジュラック、「愛しのロクサーヌ」が公開される。また、1990年には本国フランスで、ジャン・ポール・ラプノー監督、ジェラール・ドパルデュー主演で公開され、世界中から大絶賛を受け、各賞にノミネート、受賞を果てしている。

アメリカ版シラノ・ド・ベルジュラック 1950年
■スタッフ
製作 スタンリー・クレイマー
監督 マイケル・ゴードン
脚本 カール・フォアマン
原作 エドモン・ロスタン
撮影 フランツ・プラナー
音楽 ディミトリ・ティオムキン

■キャスト
出演 ホセ・フェラー / メイラ・パワーズ / ウィリアム・プリンス / ラルフ・クラントン / モリス・カルノフスキー / エレナ・バーデューゴ / バージニア・ファーマー / エドガー・バリア


フランス/ベルギー版シラノ・ド・ベルジュラック
■スタッフ
製作 ルネ・クレマン / ミシェル・セイドゥー
監督 ジャン・ポール・ラプノー
脚本 ジャン・ポール・ラプノー / ジャン・クロード・カリエール
原作 エドモン・ロスタン
撮影 ピエール・ロム
美術 エッツィオ・フリゲリオ
音楽 ジャン・クロード・プティ
衣装 フランカ・スクァルシアピノ

■キャスト
出演 ジェラール・ドパルデュー / アンヌ・ブロシェ / ヴァンサン・ペレーズ / ジャック・ウェベール

■各賞
アカデミー賞
1990年 □ 主演男優賞 ジェラール・ドパルデュー
□ 外国語映画賞
□ 美術(監督)賞 Ezio Frigerio
□ 美術(装置)賞 Jacques Rouxel
■ 衣裳デザイン賞 Franca Squarciapino
□ メイクアップ賞 Michele Burke
Jean-Pierre Eychenne
 
カンヌ国際映画祭
1990年 □ パルム・ドール ジャン=ポール・ラプノー
■ 男優賞 ジェラール・ドパルデュー
■ フランス映画高等技術委員会賞 ピエール・ロム (撮影)
 
ゴールデン・グローブ
1990年 ■ 外国映画賞 フランス
 
英国アカデミー賞
1991年 □ 主演男優賞 ジェラール・ドパルデュー
□ 脚色賞 ジャン=クロード・カリエール
ジャン=ポール・ラプノー
□ 外国語映画賞
■ 作曲賞 ジャン=クロード・プティ
■ 衣装デザイン賞
■ メイクアップ賞
 
ヨーロッパ映画賞
1990年 ■ プロダクションデザイン賞 Ezio Frigerio セット
Franca Squarciapino 衣装
 
セザール賞
1990年 ■ 作品賞
■ 監督賞 ジャン=ポール・ラプノー
■ 主演男優賞 ジェラール・ドパルデュー
■ 助演男優賞 ジャック・ウェベール
■ 音楽賞 ジャン=クロード・プティ
■ 撮影賞 ピエール・ロム
■ 音響賞 Pierre Gamet
Dominique Hennequin
■ 編集賞 Noelle Boisson
■ 美術賞 Ezio Frigerio
■ 衣装デザイン賞 Franca Squarciapino
1994年 ■ セザールの中のセザール賞 ジャン=ポール・ラプノー 20周年記念特別賞

シラノ・ド・ベルジュラック

(読書)
しらのどべるじゅらっく

1897年、エドモン・ロスタンによって書かれた戯曲。
文武両道に優れながら、巨大な鼻にコンプレックスを持つシラノの純愛話。
1990年には映画化された。


主人公シラノは17世紀フランスに実在した人物(1619-1655)。


岩波文庫(ASIN:400325631X

ネットの話題: シラノ・ド・ベルジュラック

人気

新着

新着ブログ: シラノ・ド・ベルジュラック