シン・レッド・ライン

シン・レッド・ライン

(映画)
しんれっどらいん

The Thin Red Line

  • 1998年作品|アメリカ|カラー|171分|画面比:2.35:1|MPAA: R*1

概要

太平洋戦争中のガダルカナル島。日本軍が駐留する島を、アメリカ軍が占拠を図った。・・・という粗筋だけだと普通の戦争映画のようだが、20年振りにメガフォンを取ったテレンス・マリックの本作は、幾多もの登場人物の内省的モノローグを多用し、美しい映像に重ね合わせて1つの宇宙を描こうとしているかのよう。だが哲学的な内容は、冗長で退屈と捉えるか、美しい傑作と捉えるかで、評価が分かれた。豪華キャストはテレンス・マリック作品ならばと、低いギャラで集まった面々。辛うじてスターの顔触れで「一般的な映画」の体裁を保ったとも言える。
尚、ジェームズ・ジョーンズの原作は、1964年に『大突撃』として映画化されている(上映時間は96分)。

アカデミー賞

  • 候補:作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、音楽賞(オリジナル・ドラマ)、録音賞、編集賞

その他の各賞

  • ベルリン国際映画祭:金熊賞受賞

予告編

DVD

シン・レッド・ライン [DVD]

シン・レッド・ライン [DVD]

シン・レッド・ライン〈dts版〉 [DVD]

シン・レッド・ライン〈dts版〉 [DVD]

原作

シン・レッド・ライン〈上〉 (角川文庫)

シン・レッド・ライン〈上〉 (角川文庫)

シン・レッド・ライン〈下〉 (角川文庫)

シン・レッド・ライン〈下〉 (角川文庫)

*1:Rated R for realistic war violence and language.

新着ブログ: シン・レッド・ライン