シートベルト

(一般)
しーとべると

自動車の座席に備えつけられており、乗車時に体を保持し、また事故の際に衝撃を吸収し、ステアリング・ダッシュボードへの衝突や車外への飛び出しから人間を守る為のベルト。
法律上では「座席ベルト」と呼ばれ、乗車時には必ず装着する様決められている。

その形状により二点式・三点式・四点式*1・六点式*2が存在するが、公道においては三点式(後部座席では二点式も)のみ法上のシートベルトとして認められる。

相対速度 50km/hで正面衝突した場合、体重60kgの人間には瞬間的に約1.5トンの衝撃がかかると言われるため、一般乗用車のシートベルトは一本で2トンの吊り下げ荷重に耐えられる素材で出来ている。

着用違反(未着用等)は道路交通法 第百二十条第九項により五万円以下の罰金。
なお、違反点数は1点だが反則金は無い。

  • 関連法令
    • 道路交通法 第七十一条の三(普通自動車等の運転者の遵守事項)
    • 道路交通法 第百二十条第九項(罰金)
    • 道路交通法施行令 別表第一(違反点数)

関連用語 : エアバッグ

*1:ショルダーサポートが左右2本あるもの。スポーツ走行・競技用

*2:四点式にさらにチェストサポートを追加したもの。今のところフォーミュラーカー専用

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ