ジアルジア症

(サイエンス)
じあるじあしょう

下痢と腹部の痙攣を特徴とする胃腸炎を起こす感染症。

ジアルジアが消化管に寄生することで発症する。

感染経路

感染様式は「糞口経路」で、主な感染経路は感染患者や汚染された飲食物である。
浄水場における通常の浄水処理で完全に除去することは困難で、塩素消毒にも抵抗性を示す。よって水道水に混入する可能性も考えられる。

日本でみられるジアルジア感染者の多くは発展途上国からであり、特に南・東南アジアやインドからの帰国者から発見されることがおおい。
さらに、男性同性愛者間にも感染が多くみられることがある。

予防策

  • 特におむつの交換や患者の糞便に触ったあと、手をアルコールなどできちんと洗う
  • 水は煮沸して飲む
  • 浄水器の使用にも注意
  • 家族で下痢をしている人がいる場合、家族内感染を防ぐため、患者の方の入浴を最後にする

治療薬

  • メトロニダゾールやチニダゾールなどニトロイミダゾール系の薬剤
    • 日本では「抗トリコモナス薬」としてあるが、本症に対しては健康保険の適用外。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ