ジェイコム

(一般)
じぇいこむ

携帯電話業界を中心に、総合人材サービス事業やマルチメディアサービス事業を展開する企業。
2005年12月8日に東証マザーズに上場。


ケーブルテレビのJ-COMとは別の会社。

「ジェイコムショック」

12月8日の新規株式公開の際、買い気配で推移していた午前9時27分、みずほ証券が誤って大量の売り注文を出し(「1株を61万円で売り」とすべきところ「1円で61万株売り」と注文)、初値67万2千円をつけ、徐々に株価は下落していった。みずほ証券は間違いに気づき注文を取り消そうとしたところこれができず(東京証券取引所のプレスリリース)、買い戻しを行ったものの、十万株弱の株は買い戻せなかった。
発行済み株式数を大幅に上回る「空売り」は、市場ではすぐに誤発注と認識されていたが、当日16時過ぎまでみずほ証券が自社の誤発注を公表しなかったため、証券株が売られ、日経平均株価は前日比300円以上の下げを記録した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ