ジェームズ・L・ブルックス

(映画)
じぇーむずえるぶるっくす

James L. Brooks
監督、脚本家、プロデューサー

  • 1940年5月9日、アメリカ/ニュージャージー州ノース・バージェン生まれ

略歴

ニューヨーク大学中退後、CBSニュース入社。その後デヴィッド・ウォルパーのドキュメンタリー会社で「黒人教師ディックス」などを製作。良質なテレビ・ムービーを次々と演出し、“The Marry Tyler Moore Show”でエミー賞を獲得した。81年の「結婚ゲーム」でシナリオを書いたのをきっかけに劇場用映画に携わるようになり、83年の「愛と追憶の日々」で監督デビュー。初監督作品ながら、アカデミー監督賞、作品賞など五部門に輝いて一躍注目を受けるようになった。87年の2作目「ブロードキャスト・ニュース」でもNY批評家協会賞の作品賞と監督賞を受賞。製作者としても活躍、「ビッグ」などをプロデュース。97年の「恋愛小説家」でも出演者たちの個性を遺憾なく引き出し、ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハントをアカデミー主演賞へと導いた。
(allcinemaより)

主な作品

アカデミー賞

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ