ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

(音楽)
じゃっきーよしかわとぶるーこめっ

1960年代後半から1970年代にかけてGS(グループサウンド)の王者として華々しく活躍、高度な技術と音楽性は当時の音楽界の頂点に位置した。

1967年にリリースした「ブルー・シャトウ」は彼らの代表曲として知られ、GSバンドでは唯一「NHK紅白歌合戦」にも出場した実績を持つ。

2001年10月、再び活動開始。

<ブルーコメッツの曲が生演奏で楽しめる店 - ジャッキー吉川cooperation - >
六本木 ライブハウス ブルーシャトウYAMASE

所属メンバー

  • ジャッキー吉川(ドラムス)
  • 高橋健二(ベース)
  • 小田啓義(キーボード、作詞、作曲)
  • 井上忠夫(テナーサックス、フルート、作曲、編曲)
  • 三原綱木(ギター、作曲、編曲)

新着ブログ: ジャッキー吉川とブルー・コメッツ