ジャネーの法則

(一般)
じゃねーのほうそく

哲学者、ポール・ジャネー(ジャネ)が提唱した心理学用語。

「主観的に記憶される年月の長さは、年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される」。
(「ミネルヴァ心理学辞典」)

「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する」という説で、
年を取ると1年が短く感じられることを心理学的に解明した。

2006年1月18日放送の「トリビアの泉」で紹介された。

ポール・ジャネーを心理学者として紹介していることもあるが、甥のピエール・ジャネーとの混同であろう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ