ジュイス

(一般)
じゅいす

「東のエデン」に登場するキャラクター(?)。Juizとも。
セレソン(選ばれし12人の日本代表。100億円もの資金を使って日本を救わなければならない。)のコンシェルジュを務める。
主にセレソンの依頼を受け、その依頼をこなすのが任務。そして、依頼の受理に伴う依頼内容相応の代価をセレソンの資金から引く。
依頼はたとえば医療産業投資ファンド設立(約9億)や日本代表の決定力不足解消(約21億)と巨額な代価を必要とするものから、首相に「ギャフン」と言わせる(60円)、公園のごみ拾い(9千円)とわずかな代価で済むといったものがあるが、その代価の基準は定かではない。


ちなみにジュイスはその依頼を受けた時、たまに違うこともあるが、基本的に以下の言葉を言う。
「受理されました。Noblesse oblige(ノブレス・オブリージュ).今後も救世主たらんことを。」


各セレソンはセレソンのみが持つノブレス携帯のジュイスマークに触れることでジュイスのサポートが受けられる。
このマークの円の中の文字は「THE ABUSE OF GREATNESS IS WHEN IT DISJOINS REMORSE FROM POWER(権力の弊害は、権に驕って反省を忘れたときにはじまる)」*1
ロゴマークは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で登場した笑い男マーク、「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」で登場した個別の11人マークを創ったPaul Nicholson (ポール・ニコルソン)の作品である。*2
ジュイスの声は玉川紗己子が担当。

Noblesse oblige(ノブレス・オブリージュ)

はてなキーワードではノーブレス・オブリージュの項に詳しい。
「東のエデン」の作品内では、『持てる者の義務』を指す。
高貴なる者(持てる者)はその高貴なる者の責任・義務により、社会に貢献しなければならないということであろう。

*1:これはシェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」第二幕第一場でブルータスが放つセリフの一遍である。

*2:http://juiz.jp/blog/kasuga/#000082

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ