ジョゼ・モウリーニョ

(スポーツ)
じょぜもうりにーにょ

José Mário dos Santos Mourinho Félix
ポルトガルのサッカー指導者。
1963年1月26日生まれ。セトゥーバル出身。

監督歴

2000
SLベンフィカ
2001-2002
ウニオン・レイリア
2002-2004
FCポルト
2004-2007
チェルシーFC
2008-2010
インテルナツィオナーレ・ミラノ
2010-2013
レアル・マドリードCF
2013-
チェルシーFC

経歴など

リスボンで一度、体育教師になるが、スコットランドで語学を学ぶ。ボビー・ロブソンのスポルティング・リスボンへの監督就任を機に、最初は通訳としてスタッフ入り。以降も厚い信頼関係を築いたロブソンとともにFCポルト、FCバルセロナで通訳を務める。ロブソンがFCバルセロナを去った後も、ルイス・ファン・ハール監督のアシスタントコーチを経験した。
SLベンフィカ、ウニオン・レイリアで監督経験を積んだ後、2002年1月、FCポルトの監督に就任する。2002-03シーズンはスーペルリーガ、タッサ・デ・ポルトガル、UEFAカップの三冠を達成。2003-04シーズンはリーグ二連覇を達成するとともに、ポルトを17年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導いた。
2004年6月、イングランド・プレミアリーグのチェルシーFCの監督に就任し、その直後の2004-05シーズンにいきなりプレミアリーグを制覇、フットボールリーグカップとともに二冠を達成した。その翌年の2005-06シーズンにはプレミア連覇を果たした。2006-07シーズンはFAカップ、フットボールリーグカップの二冠に輝いたが、補強を巡って経営陣との対立が表面化し、2007年9月に契約解除(事実上の解任)されるに至った。
チェルシーFC退団後はイングランド代表監督候補に名前が挙がったが、これを辞退。2008年6月2日、イタリア・セリエAのビッグクラブ、インテル・ミラノの監督に就任すると、就任初年度の2008-09シーズンでいきなりセリエA優勝(スクデット)を果たす。2009-10シーズンにはセリエAとコッパ・イタリアで優勝するとともに、インテルを45季ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導き、イタリア史上初の三冠(トレブル)を達成した。
2010年5月31日、リーガ・エスパニョーラの名門、レアル・マドリードの監督に4年契約で就任した。初年度の2010-11シーズンは、リーグ戦で2位に終わったものの、UEFAチャンピオンズリーグでベスト4進出し、コパ・デル・レイでは決勝でライバルのFCバルセロナを破り、スペインでの初タイトルを獲得した。2011-12シーズンは、CLでまたもベスト4に終わったものの、リーグ戦では序盤から独走して優勝を成し遂げた。これにより、欧州三大リーグ(プレミアリーグ、セリエA、リーガ・エスパニョーラ)で優勝を成し遂げた史上初の監督となった。
組織的な守備作りに定評があり、またローテーション制を導入したりと、戦術重視の姿勢を見せている。その一方で、スター選手揃いのビッグクラブにおいて、選手に不満の出やすいローテーション制を課してもなおチームを一つにまとめあげており、人身掌握にも長けていることがわかる。
毒舌家としても知られ、アレックス・ファーガソンやアーセン・ベンゲル、ヨハン・クライフなど、数多くの人物と論戦を交えている。メディアやレフェリーに対しての批判も激しいものがある。しかし、公の場から離れれば好人物であるという噂で、また家庭では良き父であるようだ。


リスト::サッカー選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ