ジョナス・メカス

ジョナス・メカス

(映画)
じょなすめかす

映画監督・詩人


経歴
1922年リトアニアのセミニシュケイの農家の5人兄弟の4番目として生まれる。
1949年ブルックリンに移住。
1954年「フィルム・カルチャー」誌を発行。
1958年「ヴィレッジ・ヴォイス」誌に「ムービー・ジャーナル(映画日記)」を連載(76年まで継続)。
1960年「ニュー・アメリカン・シネマ・グループ」を結成。
1964年「フィルムメーカーズ・シネマテーク」を組織。


主要作品
『リトアニアへの旅の追憶』(1950〜72年撮影/87分)
『ロスト・ロスト・ロスト』(1949〜63年撮影/176分)
『「いまだ失われざる楽園」、あるいは「ウーナ3歳の年」』(1977年撮影/90分)
『時を数えて、砂漠に立つ』(1969〜85年撮影/150分)
『ウォルデン』(1964〜68年撮影/67年の『日記、ノート、スケッチ』の再編集版/175分)
『ライフ・オブ・ウォーホル』(1965〜82年撮影/30分)
『ジェローム・ヒルによるカール・ユング博士の記録映像、あるいは「賢者の石」』(1950年、ジェローム・ヒル撮影/29分)
『セバスチャンの教育、あるいはエジプトへの回帰』(1992年、ビデオ作品/351分)

ネットの話題: ジョナス・メカス

人気

新着

新着ブログ: ジョナス・メカス