ジョルジュ・バタイユ

ジョルジュ・バタイユ

(読書)
じょるじゅばたいゆ

Georges Albert Maurice Victor Bataille
ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ
思想家・作家
1897年、生まれ。1962年、没。
フランスビヨン出身。

著書『眼球譚』『マダム・エドワルダ』『内的体験』『呪われた部分』『エロティシズム』『エロティシズムの歴史』『至高性』など。
また、当時の雑誌「ドキュマン」にて数々の独創的な思索を発表している。

なお、バタイユの妻である[[シルヴィア・バタイユ]]は[[ジャン・ルノワール]]監督『[asin:B0001VQVZG:title]』のヒロインを演じており、ジョルジュと離婚後は[[ジャック・ラカン]]の妻となっている。

主な著書

眼球譚(初稿) (河出文庫)

眼球譚(初稿) (河出文庫)

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

マダム・エドワルダ/目玉の話 (光文社古典新訳文庫)

内的体験 (平凡社ライブラリー)

内的体験 (平凡社ライブラリー)

呪われた部分 有用性の限界 (ちくま学芸文庫)

呪われた部分 有用性の限界 (ちくま学芸文庫)

エロティシズム (ちくま学芸文庫)

エロティシズム (ちくま学芸文庫)

エロティシズムの歴史―呪われた部分 普遍経済論の試み〈第2巻〉 (哲学文庫)

エロティシズムの歴史―呪われた部分 普遍経済論の試み〈第2巻〉 (哲学文庫)

amazon:Georges Bataille

ネットの話題: ジョルジュ・バタイユ

人気

新着

新着ブログ: ジョルジュ・バタイユ