ジョルジュ・ルオー

(アート)
じょるじゅるおー

Georges Rouault(1871- 1958)。フランスの画家。14歳の時、ステンドグラス職人の徒弟に。その後、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)入学。主題としてはキリストのほか、娼婦、道化など、社会の底辺にいる人々を多く描いた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ