ジョージ・アレック・エフィンジャー

(読書)
じょーじあれっくえふぃんじゃー

George Alec Effinger (1947/1/10 〜 2002/4/27)
北アフリカの架空の都市、ブーダイーンを舞台とするサイバーパンク小説の連作を書く。
主な邦訳

  • 『重力が衰えるとき』(1987年)浅倉久志訳 ハヤカワ文庫
  • 『太陽の炎』(1989年):浅倉久志 訳 ハヤカワ文庫
  • 『電脳砂漠』(1991年):浅倉久志 訳 ハヤカワ文庫

重力が衰えるとき (ハヤカワ文庫SF)

重力が衰えるとき (ハヤカワ文庫SF)

太陽の炎 (ハヤカワ文庫SF)

太陽の炎 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: ジョージ・アレックエフィンジャー,ジョージ・アレック・エフィンジャー,浅倉久志
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1991/02
  • メディア: 文庫
  • クリック: 25回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
電脳砂漠 (ハヤカワ文庫 SF (992))

電脳砂漠 (ハヤカワ文庫 SF (992))

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ