ジョージ・カー

ジョージ・カー

(音楽)
じょーじかー

George Kerr アメリカ・ニュージャージー州の音楽プロデューサー、ミュージシャン。甘茶帝王ポール・カイザーやブルース・クラークと並び称される甘茶ソウル(スウィート・ソウル)のプロデューサーで甘茶大王とも呼ばれている。シルヴィア・ロビンソン(Sylvia Robinson) とともにオールプラチナムレーベルでニュージャージー・ソウル・サウンドを確立させた。他にもトミー・キースやドニー・エルバートなどともプロデュースした作品がある。手掛けたアーティストには、ザ・モーメンツ、ホワットノウツ、ジ・エスコーツ、オージェイズ、妻でもあったリンダ・ジョーンズ、ザ・マンハッタンズ、ロニー・ヤングブラッド 、フィリス・ハイマン、エディ・フィッシャーがいる。

代表作品となるアルバム

ザ・モーメンツ「ベスト・オブ・ザ・モーメンツ」
ホワットノウツ「メッセージ・フロム・ア・ブラックマン」
ジ・エスコーツ「オール・ウィ・ニード・イズ・アナザー・チャンス」
リンダ・ジョーンズ「ユア・プレシャス・ラブ」

新着ブログ: ジョージ・カー