ジョー・パス

(音楽)
じょーぱす

Joe Pass (1929−1994) ジャズ ギタリスト
代表作のタイトルそのままに「ヴァーチュオーゾ」(巨匠、名人の意)の名を欲しいままにしたギタリスト。アート・テイタムを思わせるオーケストラルな奏法により、ソロ・ギターという演奏形態にかつてない境地を示した。
麻薬禍で二十代を棒に振るも、復帰して後にパブロの専属となってからの躍進はめざましく、実力、知名度ともに居並ぶ大物プレーヤー達と遜色ない存在となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ