ジーザス

(一般)
じーざす

【Jesus】
→イエス・キリスト、イエス

ジーザス

(マンガ)
じーざす

1992年〜1995年まで、週刊少年サンデー誌上で連載された漫画。
原作:七月鏡一、作画:藤原芳秀。
単行本全13巻。マンガ文庫版全7巻。


血と炎にまみれた死神、元傭兵で凄腕の殺し屋、その名を“ジーザス”。
ある組織から1トンに及ぶヘロインを強奪した彼は、自らの死を偽装して、別人になりすました。その男の名は、藤沢真吾。
偽装は完璧……の筈だった。
しかし彼、藤沢真吾は、とある高校の教師だったのだ! しかもあろう事か、黒板の内部にカムフラージュした大量のヘロインが、手違いから勤務先の高校に設置される羽目になる。新校舎建設の為に、校舎が取り壊されるまで1年――。凄腕の殺し屋は、それまでの間、教師の仮面を被る事になるのだが……。
次々と襲い来るアクシデント、そしてジーザスを追う組織“24”からの刺客……超一流の殺し屋の戦いを描く、ハードボイルドアクション。
「ジーーーザス!」
「それが俺の名だ――地獄に堕ちても忘れるな」


後年、何故かTVゲーム『ガンパレード・マーチ』にてパロディ化された。


また近年、同作者コンビによる『闇のイージス』(2000年〜)にジーザスが登場して話題になり、2004年には『ジーザス』外伝という形で、9年ぶりとなる独立短編も発表された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ