Hatena Blog Tags

スクリャービン

(音楽)
すくりゃーびん

ロシアの作曲家・ピアニスト。共感覚の持ち主だったらしい。

作風

おもにピアノ曲が多い。
前期はショパン(ロマン派)風。

ただし音色に独特の鋭敏な感受性をしめし、その妙なる響きは、神秘主義との関連で語られることも多い。


後期は神秘和音と呼ばれる和音を用いるなど、
調号を廃して無調に進み、独自の世界を作る。
代表作にソナタ第7番「白ミサ」、ソナタ第9番「黒ミサ」、悪魔的詩曲など。

管弦楽曲も幾つか作曲しており、「法悦の詩(Poem of Ecstasy)」は中でもよく演奏される。

Alexander Nicolaevitch Scriabin
スクリアビンスクリャビンスクリヤビン

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

19世紀後半に米国で確立された秘教運動です。ロシア移民のヘレナ・ペトロフナ・ブラヴァツキーらによって設立され、ブラヴァツキーの著作やその他のさまざまな、主に秘教の文学からその教えを引き出しています。新宗教運動として、また西洋秘教のオカルト主義の流れの一部として、宗教学者によって分類されており、新プラトン主義などの古いヨーロッパの哲学と、ヒンドゥー教や仏教などのアジアの宗教の両方を利用しています。

神智学 に接続されています: 西洋秘教カルマ新時代 ウィキペディアから、無料の百科事典 神智学協会のロゴは、さまざまな古代のシンボルをまとめました。 神智学は、19世紀後半に米国で確立された秘教運動です。ロシア移民のヘレナ・ペトロフナ・ブラヴァツキーらによって設立され、ブラヴァツキーの著作やその他のさまざまな、主に秘教の文学からその教えを引き出しています。新宗教運動として、また西洋秘教のオカルト主義の流れの一部として、宗教学者によって分類されており、新プラトン主義などの古いヨーロッパの哲学と、ヒンドゥー教や仏教などのアジアの宗教の両方を利用しています。 ブラヴァツキーによって提示されたように、…