スクリーントーン

(マンガ)
すくりーんとーん

コミック用画材のひとつ。
透明なシートの上にドット、アミ、罫線、点描、柄、グラデーションなどが印刷されており、漫画原稿に貼り付けて用いる。
モノクロ原稿において、微妙な陰影や擬似的な色彩を効果的に表現することが可能になる。ただしシート1枚あたり500円前後と、そこそこ高価な画材でもある。

最近では、街並み、ビル、車、シャンデリア、波、樹木という背景類のシートもある。
もちろんプロの世界では通用しないが、同人誌などでは大いにラクができる。
トーンを貼る作業をトーン貼りという。


スクリーントーンをデジタル化したソフトも存在する。代表的なのはパワートーンなど。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ