スズカケノキ

(動植物)
すずかけのき

鈴懸の木

  1. スズカケノキ科の落葉高木Platanus orientalis。街路樹に多く用いられ、樹皮は大きくはげて白と淡緑色の斑になる。葉は切れ込みがあって大きい。4月ごろ、黄緑色の雌花と雄花をつける。秋には丸い実が鈴をかけたようにつく。アジア西部の原産で、日本に明治末に渡来したものとされている。
  2. スズカケノキ科の双子葉植物の総称。アメリカスズカケノキなど。プラタナス。


関連語 :植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ