Hatena Blog Tags

スズカケノキ

(動植物)
すずかけのき

鈴懸の木

  1. スズカケノキ科の落葉高木Platanus orientalis。街路樹に多く用いられ、樹皮は大きくはげて白と淡緑色の斑になる。葉は切れ込みがあって大きい。4月ごろ、黄緑色の雌花と雄花をつける。秋には丸い実が鈴をかけたようにつく。アジア西部の原産で、日本に明治末に渡来したものとされている。
  2. スズカケノキ科の双子葉植物の総称。アメリカスズカケノキなど。プラタナス。


関連語 :植物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

大船フラワーセンターの樹木  本当の植物好きは樹木を見て回るのが楽しいそうですが--- とりあえず写真だけは撮ってきました.よく出会う樹木も珍しい樹木も,それぞれきれいに植えられていました. 珍しい樹木としてはカンレンボク(キジュ喜樹):現役抗がん剤のもととなった物質がみつかった樹としても有名.プラタナスを改めて見て,やはり蓮と近縁とはとても思えないことを確認.紅葉の頃また訪問して,楽しめたらと思います.

大船フラワーセンターは,樹木もきれいに整えられています.本当の植物好きは樹木を見て回るのが楽しいそうです----- その境地にはまだ遠いのですが,今回はとりあえず写真だけ撮ってきました. よく出会う木々としては,イチョウ,ケヤキ--- あまり見かけない木々も数多く植えられたいます.フウ,ハリギリ. カンレンボク(キジュ,喜樹)は,ネームプレートに「他ではなかなか見ることができません」とありました. このカンレンボクは,中国ではよく知られているおめでたい木とのことですが,日本でも医薬の世界では有名.この木の樹皮から採られた「カンプトテシン」に抗がん作用(トポイソメラーゼ阻害)があることがわかり,…