スタントロン

(アニメ)
すたんとろん

 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場する、デストロンのカーロボットチーム。地上での機動戦という弱点をなくすために生み出された。
 合体して巨大ロボット メナゾール(声:戸谷公次(初代)、西村知道(ザ☆ヘッドマスターズ))になる。

  • モーターマスター(声:戸谷公次):黒いトレーラートラック(モチーフはケンワースK-100エアロダインキャブオーバー)に変形。同じ変形形態のコンボイ司令をライバル視している。
  • ドラッグストライプ(声:片岡弘貴(初代)、堀内賢雄(2010)):タイレルF1(ティレルP34、車体は実車と異なり黄色)に変形
  • ワイルドライダー(声:城山知馨夫(初代)、塩屋翼(2010)):フェラーリ308GTBに変形
  • ブレークダウン(声:難波圭一):ランボルギーニ・カウンタックLP500Sに変形
  • デッドエンド(声:江原正士(初代)、西村知道(2010)):ポルシェ928に変形

 その容姿を活かして一時は民間車両に変形するものが多いサイバトロンに濡れ衣を着せることに成功しているが、一方であっさり拘束され、部隊に成りすましたサイバトロン有志*1に基地に乗り込まれたことも。

派生キャラ

 今のところ、唯一の映像作品出演派生キャラはトランスフォーマープライムのウォーブレークダウン(声:伊丸岡篤)のみである。
 SUVに変形する(むしろ相方として登場したメディックノックアウト(声:増谷康紀)の方が当初のスタントロンメンバーに近いフォルムだったりする)が、これは宿敵であるバルクヘッドに対抗するための肉体改造の成果であり、もとは小柄な兵士だったとのこと。

トランスフォーマープライム AM-12 ウォーブレイクダウン

トランスフォーマープライム AM-12 ウォーブレイクダウン

 エアラクニッド抹殺に失敗して返り討ちに遭い、遺体は第三勢力『メック』の手によって、再起不能に陥っていた司令官サイラスの肉体を組み込んでサイラスブレークダウン(声:石塚運昇)に改造されたが、この経緯からか結局はメディックノックアウトの怒りを買ってしまい、彼の実験台となる末路を迎えた。
トランスフォーマープライム AM-24 サイラスブレークダウン

トランスフォーマープライム AM-24 サイラスブレークダウン

*1:内訳はコンボイ:モーターマスター、リジェ:ドラッグストライプ、チャージャー:ワイルドライダー、ランボル:ブレークダウン、デッドエンド:マイスター。あまつさえ合体までもした

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ