ステファヌ・マラルメ

ステファヌ・マラルメ

(読書)
すてふぁぬまらるめ

Stéphane Mallarmé (1842-1898)


19世紀フランスの詩人。
その作品は象徴詩と呼ばれ 難解とも言われるが 現在に至るまで詩のみならず分野を超えて多大な影響を与えている。
代表作は『半獣神の午後』。
これにはドビュッシーも曲をつけている。
また別にドビュッシー ラヴェルらの歌曲もある。
マラルメも参照。

新着ブログ: ステファヌ・マラルメ