ステラジアン

(サイエンス)
すてらじあん

立体角の単位。記号はsr。
球体の半径をaとしたとき、一辺の長さがaの正方形と等しい面積(a2)を球面上で切り取る円錐形状の頂点が成す角の立体角を1ステラジアンと定義する。平面角ラジアンに対応する。
SI補助単位の一つとされていたが、現在では、次元1のSI組立単位として分類されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ