ストックホルムオリンピック

(スポーツ)
すとっくほるむおりんぴっく

[英] Games of the V Olympiad
ストックホルムオリンピックは、第5回オリンピック競技大会ストックホルム大会のこと。
1912年5月5日から7月27日まで、スウェーデンのストックホルムで行われた夏季オリンピック。
この大会で初めて5大陸すべてから参加者が集まり、日本からもオリンピックに初参加した。日本選手は共に陸上競技で、短距離の三島弥彦とマラソンの金栗四三の2名が出場したが、三島は400メートルの準決勝で棄権、金栗は10000mを棄権してマラソンに出場、54年8ヶ月6日5時間32分20秒3で世界一遅いマラソン記録を残した。

参加国・地域数
28
参加人数
2,437人
競技種目数
15競技102種目

開催地の変遷

ロンドンオリンピックストックホルムオリンピックベルリンオリンピック

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ