ストラスブール大聖堂

(地理)
すとらすぶーるだいせいどう

(ノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂、仏語: Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg、 独語: Liebfrauenmünster zu Straßburg)
フランス共和国ストラスブールにあるノートルダム大聖堂。その大部分はロマネスク建築だが、一般にゴシック建築の代表作とされている。主な建築者としてはエルヴィン・フォン・スタインベックがいる。1277年から1318年に死ぬまで建設に関わった。世界遺産物件「ストラスブールのグラン・ディル」の構成建造物でもあるう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ