ストリートファイター

(ゲーム)
すとりーとふぁいたー

カプコンが制作した対戦格闘ゲームの一連のシリーズ
1991年に登場した「ストリートファイターII」は、「対戦格闘」というジャンルを確立し社会現象的ブームを巻き起こしたゲーム史に残る偉大なタイトル。

初代「ストリートファイター」

アーケードゲームとして1987年に発売。
格闘ゲームの基本となるゲームシステムは、初代から既に実装されていた。
操作は1レバー+2ボタン。ボタンが圧力センサーになっていて、ボタンを押す強さで弱・中・強を打ち分けることができた。(ストIIと同じ6ボタン仕様の筐体も存在する)

プレイヤーキャラクターはリュウケン・マスターズの2人のみで、その他のキャラクターは全員対CPU戦で登場する。対人戦は同性能のリュウケンの対戦となる。昇龍拳や波動拳、竜巻旋風脚といった必殺技は初代から使えた。
リュウケンサガット以外は続編の「ストリートファイターII」に登場していないが、元(ゲン)とバーディーイーグルアドンの4人は「ストリートファイターZERO」シリーズで再登場した。


家庭用への移植はPCエンジンCD-ROM2版のみで、「ファイティングストリート」にタイトルを変更して1988年12月4日に発売された。
これは当時、別の会社が商標を登録をしていたためである。
2009年10月6日よりWiiのバーチャルコンソールで配信されている。

登場キャラクター

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ