ストームブリンガー

ストームブリンガー

(読書)
すとーむぶりんがー

マイケル・ムアコックの著作エターナル・チャンピオンシリーズの一つエルリック・サーガに登場する魔剣。モーンブレイドと対になる。
真っ黒い金属で作られた両手用、両刃の大剣で、刃にはルーン文字が刻まれている。
半ば意思を持ち、時には勝手に動くこともある。
殺した者・傷つけた者の魂を吸い取り、己の糧とする能力がある。また、そうやって吸い取ったエネルギーを使用者に回し、使用者を強化することもできる。吸い取られた者は魂を失うので転生も復活もできなさそう。また、吸い取った魂の記憶もストームブリンガーの物となる。
薬なしでは日常生活もおぼつかない虚弱体質のエルリックは、この剣を持つことによって、やっと薬から解放された。……別の軛につながれただけなのだが。
ストームブリンガーもモーンブレイドも、光の帝国メルニボネの皇族にのみ使えるとされている。
この剣を手に入れたエルリックと、モーンブレイドを手に入れた従兄弟イイルクーンとの闘争の結果、光の帝国メルニボネは崩壊することになる。
帝国崩壊後もエルリックはストームブリンガーとともに新世界を渡り歩き、ストームブリンガーはエルリックが大切と思う人々を殺していった。

エターナル・チャンピオンシリーズの主人公は全て同一存在の転生であると設定されており、同様にそれらのチャンピオンが振るう武器「黒の剣」もまた転生し、それぞれの世界での形を得るとされている。メルニボネの世界では、ストームブリンガー(とモーンブレイド)の形を取っている。
元来一つのはずの武器が何故二つになったのか、その顛末はエレコーゼ・サーガ〈3〉剣のなかの竜 (ハヤカワ文庫SF)の中で語られている。

他の世界での形は

コルム
トレイター(反逆者)
エレコーゼ
カナヤーナの剣
ウルリック・スカーソル
冷たき剣
ドリアン・ホークムーン
暁の剣
フォン・ベック
レイヴンブランド

などとなっており、使い手である英雄が姿を変えるように、どれも姿かたちや機能が違う。ただし、その中に住まう精霊「黒の剣」が全力を出せるのは、ストームブリンガーの形態の時とされている。

ストームブリンガー

(ゲーム)
すとーむぶりんがー

MICHAEL MOORCOCK'S ストームブリンガー (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

MICHAEL MOORCOCK'S ストームブリンガー (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

“ストームブリンガー”(原題“Stormbringer Fifth Editon”)は、マイケル・ムアコックのファンタジー小説〈エルリック・サーガ〉を題材にしたTRPGである。
1993年にケイオシウムから出版された“エルリック!”(日本語版は1995年にホビージャパンより刊行)の改訂版でもある。
システムとしてはベーシックロールプレイング系列である。

新着ブログ: ストームブリンガー