スピロノラクトン

(サイエンス)
すぴろのらくとん

体の「むくみ」解消や、高血圧に用いる薬。
アルドステロンというホルモンの働きを抑制し、利尿剤として働く。
その際、他の利尿剤と異なり、カリウムの排出が抑制されるのが特徴。


ネット上で言及されているときは、もっぱら応用的活用である、男性ホルモンの抑制に使っている場合が多い。
その場合、目的はGID(Male to female)が使うか、それとも発毛促進に使う*1か、そんなところである。
MtFで私用を検討している場合、この薬によって声が低音になるという副作用もあるので注意が必要。

*1:中年男性のハゲは、過剰な男性ホルモンが原因と言う理論にのっとっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ