スプリングカメラ

(一般)
すぷりんぐかめら

コンパクトなカメラの中で、通常は箱型で持ち運びがしやすく、使用時に蛇腹とレンズがスプリングの力で飛び出して撮影が出来るようになるカメラ。1950年代が生産のピークだったと思われる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ