スモールデータ

スモールデータ

(コンピュータ)
すもーるでーた

ビッグデータと対比されるマーケティング分析の手法。

「取得するデータをできる限り最小化する」

データの規模ではなく、洞察の深さを大切にする考え方。丁寧な分析を行えば、データ量が少なくても、多くの洞察を得ることができる。この言葉は、クラウドという新しい流行り言葉に合わせて使われるようになった。

関連語

ビッグデータ

ネットの話題: スモールデータ

人気

新着

新着ブログ: スモールデータ