スーパードンキーコング

スーパードンキーコング

(ゲーム)
すーぱーどんきーこんぐ

任天堂より1994年11月26日に発売されたスーパーファミコン用横スクロールアクションゲーム。開発はレア社。
ドンキーコングシリーズの一つで、本作からキャラクターや舞台設定が一新された。主人公のドンキーコングは2代目となっている。初代ドンキーコングは、2代目の祖父クランキーコングとして登場する。

作品解説

キングクルール率いるクレムリン軍団に大量のバナナを盗まれ、ドンキーコングは相棒のディディーコングととともに、バナナを取り返す冒険に出かける。ジャングルや雪山など多種多様なコースに挑んでいく。
プレイヤーはドンキーコングとディディーコングのどちらか一方を操作するが、もう一方のコングは何もしないで付いて来る。ドンキーコングは力持ちで、大きな敵もジャンプで倒すことができ、ハンドスラップという地面を叩くアクションも行える。ディディーコングは素早い動きとジャンプ力が特徴だが、体が軽くジャンプでは敵を倒せないこともある。操作キャラクターは状況に応じて切り替えることが出来る。ダメージを受けると、コングが2匹いる場合は、操作しているコングが逃げ出して、もう片方のコングに自動的に交代する。穴に落ちたり、コングが1匹しかいない時にダメージを受けた場合はミスとなり、ライフ(残機)が減る。コングが1匹の時、ステージ中にある「DKバレル」を壊せば、もう一方のコングが現れて、交代して操作できるようになる。
3DCGレンダリングで描かれたキャラクターと美麗な背景が特徴。キャラクターのアクションも多彩で、タル大砲に入って飛ばされたり、トロッコに乗って進んでいくなど、バラエティに富んだステージが多数用意されている。マリオシリーズにおけるヨッシーのような、ドンキーたちをサポートしてくれるアニマルフレンドも登場する。難度は比較的高めで、洋ゲーくさい面もあるが、全体的に丁寧に作られている。音楽の評価も非常に高い。
海外でのタイトルは「DONKEY KONG COUNTRY」。
WiiとWii Uのバーチャルコンソールで配信されている。


1の主人公(プレイアブルキャラクター)はドンキーコングとディディーコングだが、続編の『スーパードンキーコング2』はディディーコングとディクシーコング、『スーパードンキーコング3』ではディクシーコングとディンキーコングというように、1作ごとに1匹ずつ主役が入れ替わっている。


1995年7月27日、ゲームボーイで外伝的作品の『スーパードンキーコングGB』が発売。
2001年1月21日、ゲームボーイカラー専用ソフトとして移植した『ドンキーコング2001』が発売された。
2003年12月12日には、ゲームボーイアドバンス移植版の『スーパードンキーコング』が発売された。SFC版とほぼ同内容の移植で、新ゲームモードやミニゲームが追加されている。

シリーズ一覧

タイトル 対応機種 発売日
スーパードンキーコング スーパーファミコン 1994年11月26日
スーパードンキーコングGB ゲームボーイ 1995年7月27日
スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー スーパーファミコン 1995年11月21日
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島 スーパーファミコン 1996年11月23日
ドンキーコングランド ゲームボーイ 1996年11月23日
ドンキーコング64 NINTENDO64 1999年12月10日
ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング ゲームボーイカラー 2000年1月28日
ドンキーコング2001 ゲームボーイカラー 2001年1月21日
スーパードンキーコング ゲームボーイアドバンス 2003年12月12日
スーパードンキーコング2 ゲームボーイアドバンス 2004年7月1日
スーパードンキーコング3 ゲームボーイアドバンス 2005年12月1日
ドンキーコング リターンズ Wii 2010年12月9日
ドンキーコング リターンズ 3D ニンテンドー3DS 2013年6月13日
ドンキーコング トロピカルフリーズ Wii U 2014年2月13日

関連商品

スーパードンキーコング

スーパードンキーコング

スーパードンキーコング

スーパードンキーコング

ネットの話題: スーパードンキーコング

人気

新着

新着ブログ: スーパードンキーコング