セビリア大聖堂

(地理)
せびりあだいせいどう

(Catedral de Sevilla)
スペイン南部アンダルシア州の中心都市セビリア(Sevilla)にある大聖堂カテドラル)。イスラム教徒支配時代のモスク跡地に、1403年から約100年を費やし建設されたルネサンスとゴシックの混合様式の巨大寺院。ムリーリョ、スルバラン、ゴヤによる宗教画、アラゴン王アルフォンソ5世とコロンブスの墓がある。高さ98メートルのヒラルダの塔(La Giralda)は12世紀末にモスクの尖塔として建設されたもの。1987年、「セビリアの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ