セミクロスシート

セミクロスシート

(一般)
せみくろすしーと

鉄道車両の座席配置のうち、一つの車両にロングシート(線路方向の座席)とクロスシート(枕木方向の座席)を混在させる方式のもの。
典型的には

  • 乗降扉に近いところはロングシート、乗降扉から遠いところはクロスシートとする
  • 車体の両端はロングシート、真ん中だけクロスシートとする

といったものがある。
JRの場合、全面ロングシートの「通勤型」車両を使用せざるを得ない混雑線区以外では、セミクロスシートの「近郊型」車両が使用されることが多い。

新着ブログ: セミクロスシート