セルフ・ハンディキャッピング

(一般)
せるふはんでぃきゃっぴんぐ

心理学用語。
自らにハンディキャップを課し、たとえ失敗した時でも言い訳ができるようにしておく行為。
失敗した時にはその言い訳によって自分の評価の低下をより小さくすることができ、成功したときにはハンディキャップを乗り越えた自分への評価の上昇を期待することができる。
自尊心を守るための防衛行動。

具体例

  • わざわざ試験前に掃除やゲーム等のために時間をとる
  • 明らかに無理な量のタスクを引き受ける
  • 試験前に「全然勉強してないわー」「体調悪いんだよねー」などと発言する
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ