ゼブラゾーン

(一般)
ぜぶらぞーん

シマウマのように、シマシマ模様に描かれた道路標示。

横断歩道も一種のゼブラゾーンだが、運転中に特に注意すべきは「導流帯」として設けられているものである。導流帯はその部分に車が入らないようにすることで、直進車と右折車の分離など、交通の円滑を図っている。
その他、消防署などの前にあるものなど、中での停止が禁止されていることもある。また、上下線の中央にゼブラゾーンを置き、沿道施設への右折車の用に充てている場合もあるなど、用途は実に様々である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ