ゼーベック効果

(サイエンス)
ぜーべっくこうか

熱電効果のひとつ。
二種類の金属*1の接点を加熱する*2と、(接点の反対端で)電流が生じる現象。熱電対などに応用されている。
1821年にトーマス・ゼーベックが発見した。

*1:というか伝導体

*2:厳密に言うと温度差を作るのが大事であって、全体を加熱してしまうと上手くいかない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ