ソニーコンピュータサイエンス研究所

(コンピュータ)
そにーこんぴゅーたさいえんすけん

Sony Computer Science Laboratories(CSL)。

会長

土井利忠

社長

  • 所真理雄

これまでの主な研究員

  • 茂木健一郎
  • 高安秀樹(経済物理学)
  • 北野宏明
  • 長健二朗
  • 西田佳史
  • 大沢英一
  • 寺岡文男
  • 長尾確
  • 岩橋直人
  • 暦本純一

設立趣意

ソニーコンピュータサイエンス研究所は、純粋にコンピュータサイエンスに関する研究を行う場として 1988年 2月に設立されました。研究所設立の目的は、来るべき21世紀に照準を合わせた、コンピュータの歴史に残りうる価値を持った独創的な研究を行い、これによって広く社会・産業の発展に貢献するところにあります。そのため研究の成果は原則として一般に公開されます。設立当初の研究テーマは、 (1)分散オペレーティングシステム、(2)コンピュータネットワーク、 (3)プログラミング言語、 (4)ヒューマン・コンピュータ・インタラクションなど次世代を担うコンピュータシステムの基礎になるものを中心としておりました。近年ではこれに複雑系、脳科学、意識と認知の機構、計算生物学、情報通信などを含む幅広いコンピュータサイエンスに関する研究活動を展開しております。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ